自分の肌質をチェックする方法!貴方は乾燥肌、脂性肌、実は混合!?

自分の肌質をチェックする方法!貴方は乾燥肌、脂性肌、実は混合!?
美容を気にする前に、自分の肌質を知っておく事は大切な事です。
 
これを知っておくだけで何を選ぶべきか、どんな事を気にするべきかを判断しやすくなります。
 

乾燥肌や、脂性肌などありますが、自分の肌質をわかっていない状態でケアするのは逆効果になる可能性も…。

「せっかく良い化粧水を使っているのに肌が荒れてしまった。」なんて事にもなりかねません!
 

お金をかけて肌を傷めてしまった。こんな事になってしまったら、くやしい!つらい!怖い!等、凄く損をした気分になってしまいますよね。

そんなことにならない為にも、自分の肌質を知っておく事は大切です。
 

という事で、このページでは肌質の種類と、自分で肌質をチェックできる方法をご紹介します。

自分の肌質はどのタイプ?

まずは、知っている方も多いと思いますが、肌質のおさらいです。

人の肌質は大きく分けて4つに分類されます。
肌質の種類4つ

普通肌 ○

いわゆる安定したタイプの肌です。
充分な水分もあり、脂ぎっていない肌です。
美容を気にする人は最も目指すべき肌といえます。

脂性肌 ×

顔が全体的に脂ぎっており、いつもべたついており、テカテカしやすいタイプの肌です。
毛穴が開きやすくニキビもできやすい肌質といえます。

乾燥肌 ×

顔が全体的に乾燥していて、いつもつっぱっているタイプの肌質。
皮がむけやすく、かゆみをが出やすい。
また、顔のしわも目立ちやすい肌質といえます。

混合肌 ×

顔が乾燥していたり、べとついていたりと、場所によって大きく違いがあるタイプ。
この肌質だと勘違いをしている方が多いので、以下で理由を説明します。

注意すべきこと

私の肌質はこれだな!とチェックもせずに勝手に判断してしまうのは危険です。
普段のケア方法によって肌質がわかりにくくなってしまい、勘違いしてしまう事も少なくありません。
理由について気になる方は、以下のチェック方法も読んで頂けたらと思います。

簡単な肌質チェックの方法

それでは、自宅でもできる肌質チェックの方法をご紹介します。

特に準備の段階が大切ですので、しっかりと読んでからチェックする事をおすすめします。

肌の準備

実はこれが結構重要なので、できるだけ準備を整えてからチェックしてください。
 

普段から顔を洗いすぎている、垢が出るからといって顔を指でこすっている、強い日焼けをしている、などがある場合。

酷い睡眠不足、食生活が非常に乱れている、肌に影響がでるような病気になっている。


このような状態では正しいチェックができないと考えて下さい。
 

もしチェックをしたとしても、本当は乾燥肌なのに、脂性肌や混合肌だと(逆も)判断してしまう可能性が高くなります。

洗いすぎなどで肌を傷めている人は、顔から皮脂や汗、白血球が出やすくなっていますので、脂性肌、混合肌だと勘違いする場合が多いです。
 

そして、もし普通肌であれば、かなり遠回りの美容をしてしまっている事になります。

ですので、普段の生活や洗顔で肌を傷めてしまっているような事が有れば改善を目指し、3日ほど肌を安定させてからチェックするようにして下さい。

肌質チェックの手順

まず、できるだけ優しく綺麗に洗顔をして、洗顔後はタオルで強く拭きすぎないように気をつけてください。

なお、暑い日などは汗をかき過ぎない程度に室温を調整するようにしてください。
 

1.洗顔後、顔を優しく拭き、化粧水なども付けずに10分ほど待機して下さい。
2.鏡を使って顔をチェックして下さい。

【 チェック項目4か所 】
 
 おでこ

 眉間~鼻
 
 

 口元と顎

3.箇所によって違いがあるかチェック

皮脂量が多い順番

皮脂量が多くなりやすい箇所がありますので、以下の順番を参考にしてください。

皮脂の多い順番

(多い)額⇒鼻⇒アゴ⇒頬(少ない)
これは一般的な例ですが、もし順番通りに少しずつ脂分が減っている場合、普通肌に近い状態とも考えられます、乾燥や脂性の度合いによって判断してみて下さい。

脂性肌の状態

顔全体がテカテカした状態になり、油っぽいと判断できた場合、脂性肌の可能性が高いです。
油ぽい肌の判断が付きにくい場合、手の甲で軽く押し付けてみて下さい。
そして、手の甲に何度か息をかけてもテカりが消えない場合は脂が多いと判断できます。

乾燥肌の状態

乾燥肌の方はすぐに顔全体が突っ張り始めますのでわかりやすいです。
おでこだけは多少テカっている方もいると思いますが、その場合はおでこだけは普通で他が乾燥気味という判断をしましょう。
乾燥が酷い場合は乾いた皮膚が白っぽくなったりもします。

混合肌の状態(普通肌は除外)

混合肌で良く見られる状態が、Tゾーンはテカっているが、頬やアゴだけが乾燥しているという状態です。
逆もあるようですが、あまりないようです。
混合肌は、上でも言いましたが、元々肌が傷んでいると勘違いしやすくなってしまいますので、チェックの際は慎重におこないましょう。

判断が難しい場合

大抵の場合は、個人でも判断できるはずですが、チェックはしたものの判断が非常に難しい場合は、皮膚科などで調べてもらうのがベストな方法です。
チェックができたのにどうしても心配な方や、判断が難しい方は一度専門家に見てもらうようにしましょう。

※肌質というのは時間が経つと変化する場合が有りますので「質感に変化を感じた」「季節によって変わる」などがありましたらその都度チェックしてみる事をおすすめします。
また、食生活によっても大きく違いが出る場合が有りますので、月に数回チェックしてみると判断しやすくなるでしょう。

まとめ

肌の種類と、肌質チェックをご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
 

自分の肌質を知っておくことは、今後の美容に大きく影響してきますので、是非チェックをして自分の肌の特徴を掴んでほしいと思います。

肌に合わせた美容やケアを取り入れていく事により、効果も断然違ってきますし、自分に合った化粧品なども見つけやすくなります。
 

そして、なんといっても「私は乾燥肌」「私は脂性肌」とハッキリとわかっていると安心感が違います。

もし、自分の肌を調べたことが無い人は是非このチェック方法も参考にして頂けたら幸いです。
 

普通肌、乾燥肌、脂性肌などにあった化粧品は、仲間内で情報をまとめて後々ご紹介する予定です。

それでは、今回はこれで終わりにさせて頂きます。^^