オイリー肌に化粧水?オールインワンゲルにした方が良い!

オイリー肌に化粧水?オールインワンゲルにした方が良い!

オイリー肌に化粧水は・・・。

おすすめできません!

オイリー肌に化粧水はおすすめできない!なんで・・・?

え! な、なんで?

と思うかもしれませんが、以前に乳液関連のページでもご紹介した通り、
化粧水は「肌にフタをする役割」で使われる事が多い化粧品です。

ですので、オイリー肌の人が保湿成分の強い化粧水を使ってしまうと・・・

逆効果になってしまう場合も考えられます。
 

また、当サイトでは化粧水と乳液を分けて使わず、オールインワンゲルのみでの肌美容をおすすめしています。

これは、オイリー肌、乾燥肌に関わらず「簡単で安定した方法」で肌美容を成功させるためです。

何故オイリー肌にオールインワンゲルをおすすめするのか?

1番の理由としては、簡単で無駄な刺激を与えず、しかも相性の良い物が見つかれば安定して肌美容ができる点です。
 

化粧水と乳液の2つを使うと、その2つの相性も大切になってきますし、さらに自分の肌に合わせるとなるとかなり選別が大変になります。

オールインワンゲルでしたら、1つだけ自分に合った物さえ探してしまえば後は単純ですよね!
 

言い方を変えると、オイリー肌のような安定していない肌には、簡単で安定した肌ケアをした方が良いという考え方です。

なお、化粧水と乳液は分けて使った方が良いと考えているのも間違えている訳ではありませんが、難しいと思います
 

結局のところ、化粧水と乳液、さらには肌との3つの相性が合わない限り良い効果は期待できないからです。

化粧水を選ぶのってなかなか難しい。そんな時はオールインワンゲル

化粧水と乳液の2つの量を調節するってなかなか難しいよね・・・。

美容EXとしてはあまりおすすめしませんが、どうしても分けて使いたい方は、製造会社が推奨するセットになった物を使うようにしましょう!
 

さて、話を戻しますが、オイリー肌にはオールインワンゲルをおすすめしています!

理由としては単純なのですが、実際に私がオイリー肌であり、成功したからです。

また、私と同じようなオイリー肌でオールインワンゲルで成功(肌が安定した)人が多くいるのもオススメできる理由の一つです。
 

ただ、問題が1つ。

オイリー肌におすすめできるオールインワンゲルは限られている。

実は、まだまだオールインワンゲルという物自体がそこまで多くありません。

その為、人によっては「どうも信用できない」と言う人もまだまだいるのが現状です。
 

そんな中、肌の乾燥を防ぐだけではなく、
「肌を安定させる」事で人気が上がってきているオールインワンゲルがあります。

それがバランシングゲルというオールインワンゲルです。これは当サイト美容EXでもかなりおすすめしている良品です。
もう1つ一緒に紹介していますが、気になる方はこのページをご覧ください。

「オールインワンゲルについて」

オイリー肌のオールインワンゲルの使い方

おまけみたいな内容ですが、私なりのオールインワンゲルの使い方についてご紹介したいと思います。
 

オイリー肌って、特に夏は凄く気になりますよね。

まぁ、冬でもべとついちゃう時も良くありますが。汗
 

それでも、乾燥肌の人と比べると冬は乾燥しずらくなっていると思います。

そこで、ちょっとした方法なのですが、季節で分けてオールインワンゲルの量の調整をしてみて下さい。
 

これは、肌ケア化粧品では良く言われる事ですが、オールインワンゲルなら1つなので凄く楽です。

めんどくさかったら暖かい時期と寒い時期の2つでも良いと思います。
 

夏にはかなり少な目で、冬には少し多くすると言った感じです。

とにかく、自分に合った物さえ見つかれば、オールインワンゲルだけ量の調節すれば良いので、簡単な上に安定した肌美容ができます。

まとめ

オイリー肌に化粧水?オールインワンゲルにした方が良い!という事で熱くおすすめさせて頂きました。
 

正直、昔は化粧水と乳液両方を使っていましたが、毎回面倒で大変でしたし、
結局肌に合う物が見つからず肌は荒れていました

2つの相性が良い物を探すのって想像以上に大変ですし、さらにそれが自分に合うかどうかはわかりません。
 

しかも、オイリー肌は安定感が無いので、毎日の化粧水と乳液のバランス調整は大変です。

それだったら、オールインワンゲルに絞って自分に合う物を探していた方がよっぽど早く満足いく肌美容にたどり着けると思います。
 

オールインワンゲル激押しとなってしまいましたが、安定感が欲しい人には本当におすすめできると考えています。

もし、オールインワンゲルを使った事のない人、肌が中々安定しない人は是非一度挑戦してほしいと思います。
 

それでは、今回はこんな感じで終わりとさせて頂きます。^^