口が臭くならない方法と口臭の大きな原因5つ!

口が臭くならない方法と口臭の大きな原因5つ!
口が臭いのには大きな原因があります!

そして、それを防ぐ方法もいくつか存在します。
 

仕事中や、ちょっとした集まりで・・・。

口がクサイから近寄らないでっ!
 

こんな事を言われてしまったら、かなり落ち込んでしまいます。

もしも気になっている異性の人に言われてしまったら・・・。
考えたくもありません。汗
 

では、毎日歯磨きをしているはずなのに何故臭くなるのでしょうか?

歯磨きをしていない状態ならまだしも、シッカリと磨いたつもりでも臭くなってしまう事が結構ありますよね。
 

そして、自分でクサイとわかっている位なので、他の人が感じている臭いはさらに不快だというのは明らかです。

とはいえ、治したいと思っていても、原因や改善方法を知らないと臭いを弱くする事はむずかしいと思います。
 

という事で、このページでは「口が臭くならない方法と原因」をご紹介します!
 

ここで説明している臭いの原因を知る事だけでもかなり違いますが、どうしても心配な方はグッズでトドメを刺しちゃって下さい。

この流れで何人も口臭を消す事に成功しているので、是非しっかりと読んでほしいと思います。

口が臭くなる原因と臭くならない方法

それでは、まずは「口が臭くなってしまう原因」を知って頂いて、次に「臭くしない為にはどうしたら良いか」について説明していきたいと思います。
 

口が臭くなってしまう大きな原因

口から臭いを出してしまう大きな原因について5つに分けてみました。

食べかす(タバコのタールなど)

これは明らかに臭いを発する原因になります

体そのものの臭いが原因

そもそも体全体から出している臭いが強い

乾燥することによる口臭

口は乾燥すると臭いが出やすくなります

舌は口臭の1番の原因

舌は臭いを出しやすく、口臭の一番の原因だとも言えます

病気などが原因

病気で体調が悪くなると、胃から臭いを出したり、口が乾燥しやすくなります

口が臭くならない方法

それでは、5つの原因に対してできる基本的な対処法をご紹介します。
 

食べかす(タバコのタールなど)

食べかすが残っていると、時間を追うごとにばい菌が繁殖してしまうので、いつも口の中を清潔にするように心がけて下さい。
また、タバコなどはヤニが付くと同時に口の中を乾燥させてしまうので清潔を心がけるのと同時に水分補給をするようにして下さい。

体から出ている臭いが強い

これは、食べているものなども関係してきますが、元々体から分泌している臭い成分が臭い場合、口の臭いもくさくなってしまいます。
食べ物で改善を目指す場合、カフェイン、臭いの強い食べ物、アルコールをひかえて、野菜や果物を多くとるように心がけて下さい。

乾燥することによる口臭

乾燥するとばい菌が増えやすくなってしまうので、水分補給はマメにするようにしましょう。
また、果物系を摂取すると水分補給と一緒に潤いを保つ為の栄養も摂る事ができるのでおすすめです。
特にコーヒー、紅茶などのカフェインが多い飲み物が好きな人や、タバコを吸う人は口の中が乾燥しやすくなっているので注意が必要です。

舌のばい菌が繁殖

舌は口の中で一番臭いを出す部分だと考えて頂いて良いのですが、だからといって、ゴシゴシと歯ブラシで磨くのはダメです。
舌は思っているよりも弱い部分なので、磨き過ぎてしまうと傷めてしまいさらに強い臭いを出してしまう原因になります。
舌を磨くのであれば多くても1日に2回。できるだけ優しく磨くようにして下さい。
舌が白いからといってその日だけでゴシゴシと取ろうとしないようにしましょう。

病気などが原因

病気などで体調が悪いと、胃の中から臭いを出したり、口の中が乾燥して臭くなりやすくなります。
病気は水分補給をしながら早く治すように心がけるとして、薬が原因で臭くなっているのは仕方がないので病気が改善するまで我慢しましょう!
※対処法になっておらずすみません。汗

まとめ

口が臭くならない方法口臭の大きな原因として5つをご紹介させて頂きました。
 

やはり、一番臭いを出しやすいのが舌なのですが、加えて乾燥も大きな原因です。

この2つだけでも意識しておくとずいぶんと違いますので毎日の口臭対策に取り入れてほしいと思います。
 

また、私もそうですが自分で工夫しているだけでは心配だという方は、こちらの口のエチケットについてまとめたページを見て頂けると良いと思います。
口臭が消せるグッズ 厳選ページへ
 

それでは、これで臭くならない方法と口臭の原因については終わりにさせて頂きます!

簡単ではありましたが、口臭に悩んでいる方のお役に立てたら嬉しいです!^^